ハンガリーと日本の架け橋に

リスト・ハンガリー文化センターにて

ハンガリー出身の日本人、哲学者で彫刻家のワグナー・ナンドールの一生を、昨年10月、益子の哲学の庭で朗読。そのご縁で、今回、ハンガリー大使館文化部リスト・ハンガリー文化センターを訪問。所長のアニタさんと交わした会話はすばらしい時間だった。彼女の仕事は、ハンガリーの文化を日本に知ってもらうこと、日本の文化をハンガリーに知ってもらうこと、日本在住のハンガリー人のみなさんにも。

彼女の日本との出会いは、中学時代にさかのぼる。それから今に到るまで、文化のコミュニケーション、「伝える伝わる」が彼女の仕事でそれが信条なのだと知った。それは、私の思うこととまったく同じで、夢中になって話しているうちに、あっという間に2時間がたっていた。

夢中になって話した最後のクライマックスは、なんと、彼女は、源氏物語五十四帖を読解していたのだ!ただの平安時代の恋愛物語ではないと。ここから話をするにはさらに時間が必要だ。彼女との出会いははじまったばかり。一緒にコミュニケーションしながらのこれからのActionにワクワクしながらの帰路だった。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

朗読家/ナレーター/フリーアナウンサー/言語ボイストレーナー

コメント

コメントする

目次
閉じる