勝道上人に会いに来た

7歳のとき、夢に神さまが現れて告げた。「大きくなったら日光山を開きなさい」。

761年天平宝字5年、28歳で僧侶となった勝道上人は、5年後の766年、大谷川の激流を渡り礼拝石に座り、それから毎朝二荒山(男体山)を拝した。

ある日、いつものように霊峰を拝していると、背後から4本の紫の雲がもくもくと立ち昇り龍となって大空に舞い上がった。

勝道上人は、青竜・白虎・朱雀・玄武の四神守護の霊地として、紫雲立寺(後に四本龍寺と改名)を創建した。

四本龍寺は、姿形はなくても幻の寺院として存在している。

二荒山神社、中禅寺と次々に建てた勝道上人。

日光に来ると、勝道上人が出迎えてくれそうな気がする。

そうしたら、聞きたいことがいっぱいある。

あなたの物語を朗読しよう。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 沼尾ひろ子の朗読の世界, 沼尾ひろ子のハッピーエンド朗読, 朗読教室, オンライン朗読教室, YouTube沼尾ひろ子チャンネル 朗読虎の穴   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です