どこからのアプローチが最も正確に情報をキャッチするか

そのひとは、どこからのアプローチが最も正確に情報をキャッチするのか。

音=聴覚? 目=視覚?

探っていきます。

映像、文字、音声、イメージ、理論、方法。

これらは、私がわかっていればいいこと。

実際に行うのは、そのひとが生活の中で、社会で、悩みから解放される具体的な練習。

明日、その場で、よかった〜!と実感できるように。

 

カテゴリー: 言語ボイストレーニング, 失語症のある方の言語ボイストレーニング, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 沼尾ひろ子のハッピーエンド朗読, 朗読教室, オンライン朗読教室   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です