会話とおしゃべりは違います

会話とおしゃべりは違います。どう違うのでしょう。会話は目的をもって行います。おしゃべりは明確な伝達事項が存在しません。失語症のある方にとって会話は有益と言われています。伝える、伝わる目的をもって会話することはとても大切です。おしゃべりは、疲れてしまうという声をよく聞きます。失語症のある方にとって、飛び交う会話、枝葉が予測不可能に伸びていく会話は、情報処理が追いつかないため、フランストレーションがたまってしまうのです。むやみに話をすればよいというのでもないのです。

言葉を引き出すテクニック、それは、相手を慮ることで養われていくように思います。その苦しみ、よくわかります。私もそうでした。このアプローチはどうでしょう。こっちは? いつも、考えます。言葉が湧いた喜びをあげたい。苦しみが笑顔にかわりますように。

カテゴリー: オンライン朗読教室, オンライン言語ボイストレーニング, 働き世代の失語症, 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 朗読, 朗読教室, 沼尾ひろ子朗読の世界, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 言語ボイストレーニング里山教室, 話し方パーソナルトレーニング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です