目からうろこ!横書きの朗読台本

朗読台本は、縦書き。本を読むように語るから。そう信じてきたけれど、今日、それが覆りました!声楽を習っている方にイントネーションを教えているとき、私の伝えるイントネーションと高低記号がどうも一致しないようなのです。どうしてだろう。そのとき、ふと気づいたのです。私の記号よりもっと繊細に高低を耳がキャッチしているんだ!と。

そこで、楽譜のように横書きにして、高低を表してみたら!見事に正しいイントネーションになったのです!うれしかったなあ。次回から、横書き台本に書き換えてあげることにしました。

決まりなんてないんです。自分がいちばんやりやすい方法で。

カテゴリー: オンライン朗読教室, オンライン言語ボイストレーニング, 働き世代の失語症, 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 朗読, 朗読教室, 沼尾ひろ子朗読の世界, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 言語ボイストレーニング里山教室, 話し方パーソナルトレーニング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です