呼吸体操にだれもが知ってるあれを使う?!


呼吸体操のひとつに鍵盤ハーモニカを使うカリキュラムがあります。今日は、ベースとなる音階を使って行いました。小学生の頃ピアノを習っていたそうで、ドレミファソラシドを1の指から5の指で弾くことができました。鍵盤ハーモニカは呼気で音を出すため、胸式による浅い呼吸では長く弾くことができません。吸ってはいての1回でどれだけ連続して弾けるか、また、はききることで吸気量も増えていきます。このトレーニングは楽しく続けられます。叶谷ベースは里山にあるので音を気にすることがありません。お家が音を出して大丈夫な環境でしたらぜひトライしてみてください。

カテゴリー: 働き世代の失語症, 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 言語ボイストレーニング里山教室, 話し方パーソナルトレーニング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です