「脳梗塞・失語症から言葉を取り戻すまで」4 〜 なぜ、退院したいと言ってはいけないの?

ドキュメント 入院1週間

私は不安だった。自分がどうして入院しているのか、いつまで入院しているのか分からない。そこで手当たり次第周囲の人に言葉にならない声で聞いていた。みかねた家族がノートに書いて説明してくれた。

〈病名…脳梗塞(のうこうそく)

①            早く退院したいと言わない

②            早く仕事復帰したいと言わない

③            先生の説明は、きちんと理解できるようになってからしてもらう

リハビリ…字を書く

(訓練)…文字を読む、文字を写す 大切            ①あせらない ②水分をとる〉

次のページには、流れる川が途中でせき止められている絵。そして、せき止められている川の土手に

〈出血     脳細胞しんじゅん(浸潤)  ↓硬くなるのをまつ〉

と書き、せき止められている部分には、

〈↓言語中枢が、今、ダメージ             ↓訓練すればいい〉

脳梗塞ってたしか高齢者に多いんじゃなかったっけ。それがわたしが病名を知った時の正直な気持ちだった。どうしてわたしが罹ったんだろう。それで、これからどうなるんだろう。心がざわつく。

なぜ退院したいと言ってはいけないのだろう。これから、病気をやっつけるために何をするのか、聞いてはダメなのだろうか? その治療には何日かかるのだろう。仕事、そんなに休めないのに、何なの、「あせらない」って? これってただの注意事項じゃない?もっと、もっと治療の話を聞きたい。症状のこととかいろいろ具体的なことを聞きたい。でも、その思いも言葉にできなかった。

先生が入院は一週間と言った。それだけは、常に頭から離れなかった。ベッドで少し頭を起こすと、正面の壁にカレンダーが掛かっていた。いやでも、それが目に入る。入院したのが・・・・・・7月6日。今日は・・・・・7月12日。一週間たってる!   私はこんなころにいてはダメなのに。仕事に行かなくちゃ。テレビ局に行って、マイクの前に座らないと、スタッフに迷惑をかける。ラジオの仕事も穴をあけるわけにはいかない。 でも「早く退院したい」と言っても、みんな困った顔をするか、黙ってうなずくだけ。そのうち、だれかがカレンダーを壁からはずしてしまった。

とにかく、何か書けばいいのね。書けば、何かが変わるかもしれない、早く退院できるかもしれない。そう思って、その日の夜から、私はそのノートに少し ずつ文字を書き始めた。

まず、心に浮かぶ名前や単語を書こう。一番最初に書いた文字。それは私の所属事務所のマネージャーの名前。やっぱり気になるのは仕事のことだった。名前が思い出せてよかった。フリガナをふったあと、ホッとした。 次に文章を書いてみた。

《看護さんの佐野先生がきのうの夜から朝ごはんをもってきてくれた。》

看護師の佐野さんのことを書いたつもり。あとで読むと、意味不明である。

昨日の夜から朝ご飯?        これじゃ、まるでとんちクイズだ。でも、書いてるときは、この文章がどれだけおかしなものであるか、まったくわかっていなかった。

《夕方、 頭がいたかったり、言葉がうまくしゃべれなかったりやっとわかった。 退院をあせれなかったり、言葉がわかれなかったり、すればいいいのね。 わかった。》

文が組み立てられない。そのせいで、見たこともない文章ができあがっていく。

今度は名前。ちゃんと覚えているだろうか。

私は書いて思い出せることで自分自身を安心させていた。もちろん、顔は思い出せても名前が出てこない人もいっぱいいた。思い出せなかった方に申し訳ないので、ここには書けないのだけれど。      。

地名はかなりあやしい。

《飯谷橋(飯田橋)、練谷(練馬)、代宿山(代官山)》

私の頭の中は調子の悪いパソコンのようだ。変換が思わしくない。似ている音や似ている漢字のつくりを混同している。

今でこそ笑えるけれど、このときの私は、間違っているのも気がつかないまま、ベッドの上で文字を書いていた。といっても、すぐに疲れるので5分も集中できない。一日のうちの5分。耳鳴りがおさまって少し調子がいいときは、新聞や本の中の漢字を拾ってノートに写し、フリガナをふっていた。

どうやら、言葉は忘れても、性格はあまり変わっていないようだ。私は、これと決めると、コツコツと取り組み続ける生真面目な一面を持っている。それに、私の自由はベッドの上だけで、検査のとき以外は病室の外に一歩も出ることができなかった。だから、調子のいいときを見はからい、一日必ず1回は鉛筆を握った。

いつしか大学ノートには、自分で思い出した言葉、本から写した文字がズラリ並んだ。最近、″ナレーター〞という言葉も思い出したので、さっそく書いた。さらにラジオ局やテレビ局の名称も。先生や看護師さんが病室に顔をのぞかせたときは、これを見ながら自分の仕事を説明すればいい。こういう仕事をしていて、だから、早く仕事場に戻らないといけないと伝えよう。そうすれば、きっと誰かがなんとかしてくれる、と思った。

白い服を着た人が来ると、「あ、病院の人だ」と思い、ノートを見ながら、自分の仕事を説明しようとした。でも、うまく説明できない。みんなは「ああ、そーなの」「はい、わかりました」 と言って、すぐに行ってしまう。どうして、私の話をきいてくれないだろう。わたしはとてもあせっており、また、周囲のひとの態度にいらだっていた。そして、そんな私を見る周囲の人は、なぜか子どもをあやすような顔をしていたように思う。

枕元には超ベストセラー小説『ダヴィンチ・コード』があった。

「時間がたっぷりあるから、この機会に話題の本を読もう」と考えて手に入れたのだが、頭痛がひどく、それどころではなかった。そして今は、ページをめくってみたものの、何度、文字を追っても、意味が頭に入ってこなかった。アラビア語の教科書を目の前にしたら、こんな感じかもしれない。そこで、別の本を選ぶことにした。

ディズニーの小型の本。よく本屋さんの店頭に置いてある、クルクルと回る金属製の本立てに差された幼児向けの絵本だ。全部ひらがなである。

パラパラとページをめくると、ドナルドダックが畑を耕し、塔の上にはお姫様のミニー、そ の下には馬にまたがった王子様のミッキーが描かれていた。大きな文字で書かれた短めの文章 を、声を出して読んでみる。

「あ〜る〜と          ころ・・・におば・・・        ?」

あー、イライラする。うまく読めない。全部ひらがなだとどこで区切って読むのかわからない。意味がちっともわからない。どうして塔の上にお姫様がいるのか。

何度読んでも、意味がわからない。だけど、どうしても内容を知りたいと思った。もう一度、最初に戻って読んでみる。何度も何度も。疲れると横になり、気が向くとまた絵本を手にとった。そうやって一日が過ぎていった。

私は文字が繋がることで文章になり意味をなすことを知っているのに、文節にすることができず、だから何が書いてあるのか理解できないのだった。ひらがなはただの発音記号と一緒だった。

そんな状態であることもわからず、私はベッドの上で、幼児向けの小さな絵本を両手でしっかり持って、

「おひ~めさ・・・まがと・・・・うのう・・・・えか・・・・・ら?」

と一生懸命、声に出して読んでいた。

〈続く〉

カテゴリー: 沼尾ひろ子 脳梗塞・失語症から現場復帰するまでのドキュメント |

書店で「村上春樹」を買う

数字が苦手で真っ先に困るのは買い物です。日本のお金は、1万円札、1,000円札、500円玉、100円玉、50円玉、10円玉、1円玉、そうそう、2,000円札もありますね。お財布の中にいくら入っていて、買いたいものを買うにはいくら出せばいいのか、後ろで待っているひとに迷惑をかけずにスムーズにお金を出すことができるのか、考えただけで買い物をするのがストレスになりますね。お金の出し方は一通りではありません。金額がとっさにわからなくて、1万円札、または1,000円札を出してしまい、そんなことを繰り返しているうちに財布の中は小銭でいっぱいなんて話をよく聞きます。今日は、書店で本を購入するというシチュエーションで、お金の出し方を考えてもらいました。お題は「村上春樹の騎士団長殺し前編・後編を買う。2冊合わせて3,888円をどのように支払うか」。1万円札で支払う。5,000円札で支払う。1,000円札4枚で支払う。きっかり3,888円払う。1万8円出すという方もいました。だったら、1万88円出すよ、なんて声も上がり、性格も少し関係しているような答えがさまざま返ってきました。実際にレジの前では緊張して、やっぱりお札を出してお釣りをもらってしまうというという方には、スイカが便利ですよ、というアドバイスが受講生の方から出てきました。教室の中や、経験を積むという意味では時間がかかっても現金で買い物をすることはとてもよいと思います。でも、日々の生活の中では楽をする方法を選択するのもストレスを抱えるよりよほどいいように思いました。

店員さんに声をかけて書籍をさがしてもらうというロールプレイングでは、作家名や書籍名が正確に出てこず、「ハルキ」や、「最新の〜」という言葉で伝え、名称のマッチングができないことにがっくりしていたのですが、このアプローチはすばらしいのです。書店の中では「ハルキ」といえば村上春樹だし、「最新の」といえば平積みしてあるくらいの「騎士団長殺し」に決まっています。つまり、店員さんには正確に伝わり、コミュニケーションは成立したわけです。失語のトレーニングは正確な名称を発するだけが正しいわけではありません。伝わることが大事。その方法はひとつではないということです。

次回の言語ボイストレーニング教室は、7月25日です。

カテゴリー: 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会 |

ブルーベリー農園を作ろうと思った理由

まるで日本の原風景のような里山が広がる叶谷に農場はあります。その農場では、トマトや玉ねぎ、ニンジン、ニンニクなどの野菜を農薬を使わず、有機肥料だけで作っています。私は、土に触れ、畑を耕し、種を撒き、風を感じ、野鳥の囀りに耳をすまし、収穫し、薪をくべ、おじいちゃんやおばあちゃんと笑い、そうやって何度目かの季節を過ごしてきました。年月を重ねるごとに、そういった営みには、ひとをひとたらしめる力がある、健やかな生き方の原点があると感じられるようになりました。

働き盛りで失語症というハンディキャップを背負うことになった方が、仕事を失ってしまうことは珍しくありません。企業は障害者雇用を促されましたが、「読む」「書く」「聞く」「話す」が困難なコミュニケーションハンデを持つ失語症者が、今までと同じ職場に同じ働き方で復帰することはなかなか難しいのです。そんな中で、農業は、失語症の方にとって、力を発揮できる仕事なのだと気づきました。草を取ったり、収穫をすることは、複雑な作業ではありません。でも、なくてはならないとても大事な作業です。また、自然の中で五感を刺激されることによって、室内での言語訓練とは違い、感覚によって言葉が生み出されるように思います。きもちがいいね、そう感じただけで笑顔になります。ブルーベリーの収穫は量が多いのでたいへんですが、大きな力を必要としないし、重量もさほどないので、運動機能ハンデを持った方でも可能です。ひとに必要とされること、役に立っていることによる存在意義の確認、なにより、働くことへの対価=収入を得ることは自立への一歩になることと思います。ブルーベリー農園が失語症の方々への自立への支援につながりますように。

https://readyfor.jp/projects/blueberryfarm

カテゴリー: 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会 |

新刊「音でわかってすぐに使える失語症ことばの手帳」への思い

私自身の失語症リハビリ体験と7年間失語症の方のボイストレーニングを行ってきた経験から得た知識とアイディアを1冊の本にまとめました。「音でわかってすぐに使える失語症ことばの手帳」(エスコアール出版)です。今まで、失語症の方の言葉のトレーニング本として、「よくわかる失語症ことばの攻略本 ことば体操編」「よくわかる失語症ことばの攻略本 音読編」を刊行しました。教室に通うことができるのは距離的にも可能で、失語の状態も本人が自主的に受講できるごくわずかなひとです。受講に困難な遠方の方が自主トレーニングできるように作成したのがよくわかるシリーズ2冊でした。イラストを多用したり、発声する文もリズム感を大切にしたりと工夫をしました。今回の本は、さらに、失語症の方がひとりで安心して外出できるように、日常に使う言い方を場面に応じてまとめ、さらに、音声ペンによる音声のガイドを復唱することで、文字による視覚情報だけでなく、音による聴覚情報によって、より、脳内の情報処理の手助けをすることができます。復唱が困難な方へは文字による音読もできますし、失語症の症状のひとつである残韻に悩んでいる方は、繰り返しリピートすることで、逆に正しい言い方を習得できます。本の大きさはカバンに入れられるサイズなので、外出する時携帯できます。それによりどこでも使えること、また、トラブルに見舞われた時、災害や、緊急時など、とっさに状況を説明することが困難な時には、音声ペンを使うことで、相手に伝えることができます。正しい情報の伝達が可能であれば、外出に積極的になれることと思います。私自身、当時ひとと会うのが嫌だったのは、変なことを言っているかもしれない、なにか言われてもわからないことが不安だったからです。教科書のような文章の練習ではなく、実生活に使える言い方の練習が社会復帰への近道だと確信しました。音読では、前に出てきた似ている言葉を言ってしまう苦労がありました。音が残っているからです。そこで、だったら、そこを逆手にとって練習すればいいのだと気づきました。実際、教室では、リピート法を取り入れています。まさに、私の体験を形にした本が出来上がったのです。慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座主任教授安保雅博先生が、今回、帯でも推薦してくださいました。どうぞ、多くの方の手に届き、笑顔でことばのトレーニングができますように。

http://www.escor.co.jp/products/products_item_books_kotoban_no_techou.html

 

カテゴリー: 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会 |

電話で問い合わせの実践トレーニング

「数字がまったくわからないんです」。初めて参加の方がご自分の状況を話してくれました。文字を見ればわかるのだけれど、音で聞いただけでは理解として残ってくれない。他の受講者のインタビューに懸命に言葉を紡いで答えてくれます。「ぜんぜんしゃべれない」と初めて参加される大抵の方は仰います。でも、ちゃんとしゃべっているんです。伝えようと懸命に言葉の箱から引っ張り出す作業こそ、今まで使われていなかった道路を開通させる工事です。すぐに心に浮かんだイメージを言葉にすることができないもどかしさのことを「しゃべれない」と言っていることはとてもよくわかります。大事なのは、どのような方法でも、たとえ時間がかかっても、相手に伝わることです。ですから、その努力を続ける限り、工事はゆっくりとでも進みます。失語の状態はほんとうにひとりひとり違うので、その方に合った工事のしかた、あまり、工事というとなんだか荒々しい感じがしてしまいますね。その方に合ったトレーニングが回り道をしないで目的に向かうことができます。数字の認識が難しいと買い物や銀行など日常生活に不便ですので、次回、実践に基づいた買い物のカリキュラムを取り入れていくことにしようと思いました。

電話応対は中級編に入ってきました。今日は「行政への問合せ」を行いました。問合せの内容は「近くの福祉施設を教えてほしい」というシチュエーションです。定型文はテキスト化してあるのですが、具体的な目的は空欄にして各自の言葉で伝えてもらうことにしました。ご自分のことなのでどんな言い方でもいいわけですし、ハードルは高くないと思っていたのですが、みなさん、そこで頭を抱えてしまいました。なんと言っていいのかわからないと言うのです。そこで、その福祉施設で何をしたいのか、その目的を正確な文章ではなく、短い言葉で言ってみてくださいと伝え、そこの部分だけ予行練習をしました。すると、「早くしゃべれるようになりたい」「仕事復帰するための練習がしたい」「言葉の練習がしたい」等々、目的が明確になりました。問合せの電話では、短い言葉で目的を伝えるために、あらかじめそこの部分だけメモにしておくこともいいと思います。とっさに言葉にならなくても、メモを見れば文字によるイメージもわいてくるので、落ち着くことができます。電話応対は実際にスマホを使って行っています。みなさん、経験を積んでだいぶ慣れてきたように感じました。

次回は、7月11日です。

カテゴリー: 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会 |