「脳梗塞・失語症から言葉を取り戻すまで16〜どう思われようとかまわない。笑って話せる友人との時間を大切にしよう」

ある日の午後、私は一人病室にいました。ソファに腰掛け、言語聴覚士の先生が用意してくれた『声に出して読みたい日本語』から抜粋したプリントを手にし、音読をしていました。用紙には河竹默阿弥の『弁天娘女男白浪』、島崎藤村の『初恋』、『百人一首』などの一部が並び、『般若波羅蜜多心経』やガマの油売りの口上などがありました。これらの有名な一文には漢字がとても多いのですが、すべてふりがながついていて音読すると旋律がとても美しく、気持ちまでが豊かになってくるようでした。

文字を見て「楽しい」と思ったのは、入院して初めてだったような気がします。ただ、まだまだ疲れやすく、あまり続けることができませんでした。

少し横になっていると、ドアをノックする音が。続けて、「ちわーっす」と聞き覚えのある声がしました。現れたのは、一三年間担当してきた番組で一緒だった気心の知れたスタッフ三人でした。ペットボトルの水をたくさん買い込んできてくれ、ニコニコしながら「元気そうじゃない? ズル休みでしょ」、「内緒にしていてあげるから、白状しなよ」などと言うので、大声で笑ってしまいました。

その自分の声に、自分でもびっくりしました。その後も、三人は仕事のことには一切ふれず、たわいのないおしゃべりをし、私が笑い疲れた頃、「ゆっくり休みなよ」と帰っていきました。

こんなに大きな口をあけて笑ったのは、すごく久しぶりのことでした。

私は友人の心遣いに感謝するとともに、今、普通に話ができたのだろうか、みんなは何かおかしいと思わなかったかしら、と不安になりました。

もっと早い時期、お見舞いに来てくれた人を前に、私は大失敗をしでかしました。構成作家や制作プロデューサーの方達が、やはり三人で来てくれたのですが、彼女達の名前が言えなかったのです。自分の病名や担当医師の名前も彼女達にうまく伝えることができませんでした。ただ、私自身、自分の状態をまだよく把握していなかったので、その時は落ち込むこともなかったのですが。

この時期の私は、自分がうまくしゃべれないことを十二分に知っていましたから、「自分は以前と変わらない」ということを、みんなに見せようと必死になり、ついこの間まで窓から飛び下りてしまいたいほど絶望の崖っぷちに立っていたなんて、絶対に知られまいと必死に努力したのです。

今日はうまくいったかしら、まだ、誰にも会わない方がいいのではないかしら、と不安の波に飲み込まれそうになったのですが、私は気持ちを切り換えました。たった今、お腹から笑っている自分がいたのも、また事実。どう思われようとかまわない。笑って話せる友人との時間を大切にしようと決めたのでした。

それからは連日、友人、知人がお見舞いに来てくれました。お世話になっているテレビ局、ラジオ局の関係者、過去に一緒に仕事をしたスタッフ、局アナ時代の同期や、高校時代の友人。毎日、誰かが顔を出してくれ、一人で過ごす日は一日もありませんでした。誰一人として、心配を顔や言葉に出さず、何てことないおしゃべりに大笑いしながら帰っていきました。仕事の話をする人もいませんでした。病室はまるで、誘い合わせてコーヒーを飲みに立ち寄るカフェのようでした。友人達がいる間は、ここが病室であることを忘れることができました。

気の置けない友人達のあたたかい思いにどれだけ救われたことでしょう。私は、多くの人と会って、どんどん前向きになっていきました。会話の途中で言葉が出なくても、言い間違いをしても、恥ずかしがらずに懸命に話し続けました。みんなが帰ると笑い疲れて昼寝をしてしまう日さえありました。笑いに勝る薬はないのかもしれません。笑い声は、私の病気をどんどん治してくれるようでした。

ある時、病室に数年前担当していた番組のデスクの女性が訪ねてきてくれました。左手のひじの内側は、大きな二リットルのペットボトルを四本ぶらさげて歩いてきたためまっ赤な輪の跡がついていました。

「これ、岩手県の龍泉洞の水です。たくさん飲んでくださいね」

龍泉洞は日本三大鍾乳洞の一つ。彼女は岩手県出身で、わざわざこれを取り寄せ持ってきてくれたのでした。何年ぶりかで顔をあわせた彼女は、ひとしきり笑いながら楽しくおしゃべりした後、帰り際、急に真顔になってこう言いました。

「私、沼尾さんの声が大好きです」

有り難くて、心がいっぱいになり、私は本当に言葉につまってしまいました。嬉しくて言葉につまるのは大歓迎。そして、しみじみ思いました。友人は私のかけがえのない宝物だと。

〈続く〉

カテゴリー: 働き世代の失語症, 失語症とは, 沼尾ひろ子 脳梗塞・失語症から現場復帰するまでのドキュメント, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会 |

インタビュアーのスキル

会話力の向上のために、インタビュアーのスキルも大切なんですね。セット案件といっても過言ではないと思います。言いたい、伝えたい、どの言葉で?その言葉を引き出すためには、適切な言葉がけを適切なタイミングで行う必要がある。それは答えを先回りすることではないし、時間をむやみに費やすことでもない。失語の状態はそれぞれだし、目標ラインもひとによって違います。むやみに会話をすればいいというものでもないと私は感じるのです。先回りされれば、それそれの情報ボックスは閉じたままだし、ずっと待たれれば精神的な負担が大きくて会話自体が嫌になってしまいます。矢継ぎ早に選択肢を提示されればかえって混乱するし、的外れな「わかるわかる」は苛立ちを生じさせます。

ですから、インタビュアーに高度なスキルが必要だと切に思います。私が会話トレーニングで行う手法のひとつに、1×1があります。これは比較的難易度が低く、どなたでも習得できると思います。本日パーソナルトレーニングで行った会話トレーニングは、高度なスキルを要します。次に言いたいことの予想からカテゴリを定め、ほんの少しの選択肢を質問で投げかけます。この方法はキャッチボール形式ですので会話の楽しさを生み出します。初めて知った鳥取美術館の魅力に私も行ってみたいなあと思いました。つまり、私も楽しかったのです。インタビューの基本は「聞く」ことですから、アナウンサーという職業が大きく役立っていることはまちがいありません。もっとたくさん会話したいと切望している方がひとりでも笑顔になりますように。

カテゴリー: 働き世代の失語症, 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 言語ボイストレーニング里山教室, 話し方パーソナルトレーニング |

ビジネス話し方講座〜好印象をもたれる話し方5「腹式呼吸ができると人生が変わる! ?

「腹式呼吸」をマスターすることで人生が変わると言ったら大げさかもしれませんが、 今までマイナス思考だった人が物事の見方を変えるきっかけになることもあります。

それは、精神的に安定する要素を含んでいるからです。 「腹式呼吸」を行うと、脳波がリラックスした状態の時のα 波やθ 波の波動になると言われています。深く呼吸すると副交感神経の働きがスムーズになるためです。

逆に、胸式呼吸のような浅い呼吸を続けていると、緊張した時に動き出す交感神経の働きが活発になってしまいます。

緊張して切羽詰った精神状態では、マイナスの感情に支配されやすく、偏った判断をしがちです。

腹式呼吸を行うことにより安定した精神状態になると、別の角度から物事を見る余裕も生まれます。

腹式呼吸ができるようになると、横隔膜が胸式呼吸の2~3倍動くことになり、腹筋も鍛えられます。強い空気圧で息を長く出せるようになるため、大きな声や通る声が出しやすくなるのです。

口先だけで出す声は、メンタルに影響されやすいとも言われます。ドキドキしたり 緊張したりすると身体が硬直します。そう、口のまわりの顔筋もこわばってしまうの です。

普段は気にもとめずに話せることが、大勢の人の前で話す時には何度もとちっ たり、ろれつが回らなくなったりする現象がそれです。

腹筋で鍛えられて土台がしっかりしている身体から発する声は、たとえ緊 張するような場面でも影響されないのです。

ニュースや正しい情報を伝えるアナウンサーが、信頼の置ける声でなければならな いのは言うまでもありません。いつも冷静な状態でいることも必要です。そういった意味でも腹式呼吸は大切なのです。

腹式呼吸は歯磨きのように日常生活の中に取り入れるだけで、自然に身につきます。「腹式呼吸は難しい」というイメージが払拭できればしめたものです。

 

 

カテゴリー: ビジネス話し方講座〜好印象をもたれる話し方 |

企業研修「失語症を理解する・失語症のある方との職場でのコミュニケーション」

私が今、最も力を入れていることがまたひとつ実現しました❗️
とある企業の社長様から「心のバリアフリー・障害者理解研修」を行いたいのでぜひに!とご依頼をいただいていました。
そこで、「失語症を理解する」「失語症のある方と職場で働くことを学ぶ」セミナーをご提案し、その講師を務めてまいりました‼️
私の体験をお話することにより、みなさんにとって脳梗塞が他人事ではないこと、その後遺症である失語症が社会生活を営む上でみんさんの理解なくしてたいへん困難なものであることを追体験していただき、その上で、どのようなコミュニケーションの方法があるか、それをロールプレイングで学んでいただきました。
失語症は数字で表れているだけも日本で50万人と言われています。
でも、実際に失語症がどういう障害なのかほとんどの方が知りません。
失語症はコミュニケーション障害なので、失語症のある方が言葉でなにかを伝えたり、言われたことを理解することは困難です。
でも、さまざまな方法でコミュニケーションする努力をしています。
みなさんにも、そのことを知ってもらいたい。
失語症に限らず、知らないことから誤解や偏見が生まれるのだと私は考えています。
わがことに置き換えて考えることによって、思いやりが生まれればうれしいです☺️

みなさんの真剣な表情から、私もいつにも増して熱が入り、あっという間の90分。
終わってから、「たいへんためになった」「ぜひ生かしていきたい」と言葉をいただき、あ〜よかった。知ってもらうことができた。と全力投球の脱力とともにうれしさでいっぱいになりました😀

私が実践しているのは、失語症の理解を深め失語症のある方とのコミュニケーション学習を通して「共生社会」の実現をめざす研修です。
ウチの会社でもぜひ行いたいというご依頼、大歓迎です😉
草鞋を履いて、全国行脚いたします😉😉

カテゴリー: ソートフルコミュニケーション講座, 働き世代の失語症, 失語症とは, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会 |

言葉を紡ぎだすブルーベリー摘み

ブルーベリーの実が色づき始めました!

かわいいですね〜!!愛おしい‼️

なんて思っているのも束の間、これから3ヶ月間次から次へと色づくブルーベリーの実を摘みとる作業が続きます。

日中は暑いので、早朝がいいです。朝陽が顔を出して風景がうっすらと輪郭を成し始める頃が、なんとも気持ちがいいです。小鳥の目覚めもこの頃で、心もウキウキします。

夕方もいいですね。気温も下がり始めて汗ばむくらい。

ブルーベリーは平らな農園に植栽されていて歩きやすいですし、指先のわずかな力でプチッと摘み取れます。なにより気持ちいい空間での作業です。

自然の中で心が解放され農園スタッフとの会話もはずみます。

ブルーベリーがたくさんの笑顔を生んでくれることがうれしいのです。

カテゴリー: 働き世代の失語症, 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 失語症農園プロジェクト, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 言語ボイストレーニング里山教室, 話し方パーソナルトレーニング, 農ライフ |