必ず家で練習する方法を伝えます

オンラインの方が近く感じます。ご自宅でリラックスした状態で話ができるし、マンツーマンなので、ほんとうに、何に困っているか、何を目的とするか、しっかり話をして個別な内容となります。この方法がこの方にはいいんだな、明日困らないようにするには、また、大事なこと、自分で練習する方法を必ず伝えます。まちがった練習をしないように、よい練習ができるように、伝えるようにしています。私との時間が楽しみでしかたないように、私も同じように、この時間にひとつ笑顔が増えていくように、大切な時間となりますように。

カテゴリー: 言語ボイストレーニング, 失語症のある方の言語ボイストレーニング, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 沼尾ひろ子のハッピーエンド朗読, 朗読教室, オンライン朗読教室   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です