舌の緊張を解く体操とは

はっきり話そうとすればするほど、舌に力が入って滑らかに発音できない。真面目できちんとした性格の方にこの傾向が多いように思います。あっかんべーとしてもらうとよくわかります。舌先がとがって舌全体が三角形のようになる方は、だらんとした舌になるように視覚で確認してもらうのです。鏡を見て左右の口角に舌の両脇が触れるようにします。自分ではだらしなく感じるかもしれません。でも、この弛緩した状態が舌の動きを滑らかにします。この状態を確認できたら舌の体操を行います。上下、左右、斜め上斜め下、円と舌を動かしていきます。この体操は特に、ラ行の発音に力を発揮します。あれ?どうして言えるんだろうと、自分で意識しなくてもできることに驚く方も多いです。ラ行で悩んでいる方におすすめです。

#Aphasia #Cerebralinfarction #languageVoicetrainer #WorldStrokeOrganization #ischaemicstroke #失語症 #脳梗塞 #言語ボイストレーニング #Communication #Healthcommunication #失語症になった私から医療の現場で働くみなさんへ38のメッセージ医療現場でのコミュニケーション

カテゴリー: 失語症のある方のための言語ボイストレーニング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です