働き世代の失語症 ①復職・就職の現状

30代、40代、50代といった働き世代の失語症はさらに過酷な現実を突きつけます。働き世代とは一家の収入を担うポジションにある人達です。コミュニケーションがとれない状況を想像してみてください。仕事復帰が困難になっても、その不安やこれからのことを夫婦で話し合うことができない。住宅ローンのこと。子どもの受験のこと。親の介護のこと。子どもが悩んでいる時その思いを受け止め言葉で返せないもどかしさ・・・。

なんとか自分の人生を背負っていく覚悟はできたとしても、復職、就職ができず収入が途絶えた場合、存在価値を見出すことは並大抵のことではありません。復職率は2〜3割程度と経済的自立の壁はとても高いのです。(*「在宅失語症者の経過」より)

失語症者の経済的不安を見逃すことはできません。私達は、誰も平等に人間の尊厳をもって生きる権利があります。働いて収入を得ることは、自立の証であり、尊厳の確立でもあるのです。もちろん、重度の失語症者や高齢者の方、すべてに就業を促しているのではありません。働き世代の働く意欲がある方が就業できる仕組みは喫緊の課題としての対策が必要に思います。就業に関しては、失語症者を雇用すると言ってもどんなことができるのか、どんなサポートが必要なのか、そもそも、失語症とはどういうものなのか、企業のみならず、一般社会においてほとんど理解されていない現状があります。

失語症は今まで蓄積された知識や情報はほとんど失われていません。ですから、残存する能力を生かした仕事で対価を得ることは自立へつながり、就業者数の減少に頭を抱える企業にとっても人手確保になります。

今、企業は障害者雇用を義務づけられており、さまざまな障害のサポート体制は徐々に整いつつあります。では、コミュニケーション障害である失語症のある方をどのように雇用したらよいでしょうか。失語症の理解が不十分であれば一歩を踏み出せないのは当然です。人事担当者が雇用を決めたとして、その部署の上司や同僚はどのように接し、サポートすればよいのでしょうか。コミュニケーションがとれない状態をどう理解しサポートすればよいのか。失語症を理解し、コミュニケーション障害である失語症のある人とコミュニケーションをとる方法を学ぶことで、心のバリアフリーを実現した職場が生まれます。また、失語症の方とのコミュニケーションを学ぶことは人材を大切に育てる企業の強みとなでしょう。

企業研修「失語症を学ぶ/失語症のある方とのコミュニケーション ソートフルコミュニケーション」

カテゴリー: ソートフルコミュニケーション講座, 働き世代の失語症, 失語症とは, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会 |

医療の現場で働くみなさんが抱えるコミュニケーション問題を少しでも軽減するために

医療従事者「目上の患者さんにもわかりやすく話しかけるよう心がけている」

患者   「どうして幼児言葉で話しかけるんだろう」

 

医療従事者「ご本人は理解力が乏しいから家族に説明している」

患者   「なぜ、当人の私に説明してくれないの」

 

医療従事者「時間内に端的にお話している」

患者   「わたしの話を聞いてくれない」

「そんなつもりはないのに」― 

善意でかけた言葉や行為が患者にうまく伝わらない。

ひとつには医療の場が、日常生活と全くかけ離れた特殊な場であることがあげられます。

医療従事者間では日常的に使われる医療専門用語が時に身体的差別用語であり患者にとってはとても悲しい言い方に聞こえてしまうのです。医療従事者と患者との間に共通言語がないことは重要な問題といえるでしょう。

また、患者は「なんて失礼な言い方をするのだろう」と思ってもそのことを伝えにくいという声を多く聞きます。医療従事者×患者間のパワーバランスも一因といえます。

「言葉」によって、正しく「伝える」。相手の伝えたいメッセージを正しく理解する。「伝える・伝わる」=信頼関係を築く。それがコミュニケーションです。

聞き方、話し方、訴え方、伝え方、見え方、相手の気持ちを汲み取る力。コミュニケーション力の向上を図ることが医学教育の場でも喫緊の課題となっています。

私は、2006年に突然脳梗塞を発症し、失語症となりました。フリーアナウンサーとして言葉で伝達する仕事をしていたので、この突然のコミュニケーション不能の状態は生きる意味を全く失ったと言っても過言ではありませんでした。そんな時、一番身近に接していたのは医師や看護師、言語聴覚士といった医療に携わる人達でした。入院中、私はかけ言葉のとらえ方は、置かれた状況や心理状態によって大きく変わります。時に、正しいと思われる言葉や行為には、患者の前向きな気持ちをそぐのと、希望の光を差し込むのと、両方の意味を持っていることを知っていただければ嬉しいです。一番大切なのは患者に寄り添うこと。もし、その時、意に反して傷つける言葉をかけてしまったら、誤解を解く努力をすることが大切です。会話を重ねること=コミュニケーションは育てることができます。正しい情報共有をするためには相互に努力することが必要不可欠です。問題は、失語症が自分の気持ちを言葉で伝えることが困難な障害だということです。コミュニケーションのツールは言葉だけはありません。表情、態度なども重要なアイテムなので、そういった情報を見逃さないようにすると、本当の気持ちを汲み取ることができると思います。

これから医療に従事するみなさん、今医療の現場にいるみなさんが、コミュニケーションで悩んだり落ち込んだり、イライラしたりした時、少しでもお役に立ちますように。

 

医療従事者研修 https://axisdo.wixsite.com/hirokonumao/blank-8

「失語症になった私から医療の現場で働くみなさんへ38のメッセージ〜医療現場でのコミュニケーション」エスコアール出版https://www.amazon.co.jp/dp/4900851965/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_7U6rCbDSN602S

カテゴリー: 医療現場でのコミュニケーション, 失語症とは |

言語ボイストレーニング里山教室のパンフレットができました!

パンフレットが完成しました!里山教室では自然豊かな里山での体験と言語ボイストレーニングをセットにしたアクティブプログラムを実施します。ご希望の医療機関等で配布する予定です。ぜひお手にとってください。また、ホームページでも紹介しています。

沼尾ひろ子の言語ボイストレーニング里山教室https://axisdo.wixsite.com/hirokonumao/blank-5

基本プログラムと1日プログラムがあります。1日プログラムは、田舎料理教室や茶道、書道といった体験教室もご希望で受講できます。

 

カテゴリー: ソートフルコミュニケーション講座, 医療現場でのコミュニケーション, 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 失語症農園プロジェクト, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 言語ボイストレーニング里山教室, 話し方パーソナルトレーニング, 農ライフ |

言語ボイストレーニング里山教室スタート!

いよいよ言語ボイストレーニング里山教室がスタートしました。昨夜の雪が降り積もり、一面雪景色の中東京からやってきたWさん。一日プログラムに参加しました。今日は、里山散策の時間を縮小し、竹林に囲まれた室内での会話にたっぷりの時間を作りました。Wさんが何に一番困り何のストレスを軽減したいのか、改めてまずじっくりお話を伺い、トレーニング計画を立てることから始めました。一番困っていることは数字でした。数字の概念はわかっているのに、概念と音、概念と字としての数が結びつかない。そのため日常生活がストレスに満ちたものになっているというものでした。私は今まで伺ってきた話から仕事上のストレスを軽減することに重きを置いてきましたが、今日、この自然の中のゆったりした空間で「ここ癒されますね」と言いながらWさんが話してくれた本心は胸をつくものでした。それは、当時の私も悔しくてやりきれなくて、情けなくて、どこにもぶつけようのない思いでした。今までWさんが半ばあきらめていた数字の克服。自信を取り戻すためのトレーニングプログラムを組み立てました。お昼は畑の野菜を使った農家飯。そしてトレーニング再開。16時まで楽しく、そして、真剣に取り組みました。家でのトレーニング方法をしっかり教えて本日の一日プログラム終了。Wさん、おつかれさまでした!私も里山教室の手応えをしっかり感じた一日でした!!

 

カテゴリー: ソートフルコミュニケーション講座, 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 言語ボイストレーニング里山教室, 話し方パーソナルトレーニング |

失語症の方とのコミュニケーションを学ぶ

企業研修〜心のバリエアフリー研修「失語症の方とのコミュニケーションを学ぶ」がいよいよスタートします。ホテル、旅館、飲食店、美容室、各種店舗etc・・。さまざまなサービス業の現場で働く方の、失語症って?どのようなサポートが適切なの?といった疑問、不安を解消し、コミュニケーションを学ぶ講座です。ユニバーサルデザイン2020の指針もあって障害のある方とのコミュニケーションは企業研修の課題となっています。 知ることで生まれるやさしい時間を作ることが共生社会の実現だと思います。ぜひ企業研修に取り入れてください。ホームページもまもなくアップします。

カテゴリー: ソートフルコミュニケーション講座, 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 失語症農園プロジェクト |