朗読とおし練習

いよいよ来週に迫った朗読会。いよいよと言っても前回初めて練習を開始して、3週間ぶりの今日です。今課題となっている電話応対は今日は省きましょうか?と尋ねると、「はい」というひとと、電話応対もやりたいひとに分かれました。やりたいひとを優先にすることにして、電話応対の復習を発声練習にすることにしました。「いつもお世話になっております」「こちらからおかけなおしいたしましょうか」で発声と滑舌の両方を練習です。「いつもお世話になっております」はその気持ちをこめて軽くおじぎをしながら。「おかけなおしいたしましょうか」は、i音だけ意識して発音します。他の音は流してかまいません。まどろっこしいからと言って、一音一音区切って言っても電話応対の練習にはなりません。会話は語のかたまりで、聴覚情報による残韻が近道のような気がします。i音は口の周りの筋肉を動かす運動にも適しています。

そして、朗読の練習です。まず始めに行ったのは、台本に音楽と効果音を記入してもらうことでした。昨日、台本を手に音楽をひきドアの開く音や吹雪のような音を入れる作業をしたので、その箇所に各々の台本に記しをつけてもらいました。音を聞いて次のセリフを言うというタイミングがわかるようにするためです。「○○ページの下から○ブロックのセイルの上にmと入れてください」とか、「上から○○番目のパトラッシュの次にSEと入れてください」とか。上とか下とか前とか後とか次とか。日本語は何通りも言い方があって難しいですね。私の言葉を聞いてそれぞれ自分で記入するのはなかなか負荷のかかる作業です。となりどおし教え合いながら記入していました。ここまで終わったところで、「10分くらい自主練習しますか?」と聞くと全員首を横に降りました。自分ひとりで練習するよりみんなと一緒にやった方がよいという判断を全員がしたわけです。では!と、通しでやってみることにしました。これがなかなかよかったのです。パトラッシュは「ワン」のひと言でいろいろな感情を表現します。ネロは少年の声。おじいさんは木訥としたやさしい声音。アロアは愛らしく。ナレーターは総勢4名。それぞれ雰囲気がまるで違います。自分の課題をみんなで共有することができたこともよかったと思います。最後の20分で自分の課題練習。ひとりひとりにアドバイスして、アドバイスというより、練習のしかたを教えて、今日は終了。みなさん、手応えを感じたのではないでしょうか。さあ、来週が楽しみです。私も音の入れ方を練習しなくては。

次回は12月27日です。

カテゴリー: 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会 |

朗読劇の練習開始!

img_2741朗読劇の練習を本格的に開始しました。題材はウィーダ原作の「フランダースの犬」を脚色して、15ページの群読に構成したのです。今日は、全員で音読をしました。音読に関しては得意なひと、苦手な人と別れます。どちらにしても、黙読ではなく音読、いえ即読が、脳へ最良の方法で刺激を与えることができるので、必ず最初に行います。視覚情報から意味理解、音韻マッチング、音韻のアウトプット=発声への一連の開通運動といいましょうか、さまざまな箇所で工事中となってしまってなかなかスムーズに進まないのですが、それでも、迂回路を捜索したり新たな道を開通させたりすることで、到達するまでのタイムラグを少しづつ縮めることができるのです。もちろん、意味理解ができなければ正確な発声にはなりません。ただ、情報処理過程が多ければ多いほど難易度も高くなり達成感を得にくくなるので、台本の漢字にはすべてふりがなをふりました。それにより、発音記号が加味されたことになり、意味理解まで到達しなくても発声することができるわけです。もうひとつは語のかたまりを作ること。これも視覚的に最小単位を作ることによって情報処理の負担を軽減することができます。これらのサポートを行いながら脳を可塑化させるのが即読なのです。けっこう集中力を伴う運動なので疲れます。それでも、前ページ読み終わった時には、終わった〜!とやり遂げたため息があちこちから聞こえました。その後は配役のパートを自主発声。ひとりひとりにアドバイスしていきました。うまく発声できない、どうしてつっかえるんですかね?と頭を抱えて質問してくるかたには、残韻法、視覚処理法と大きく2つに分けて説明しました。ほら、出来た!すごい、すごい!とうれしくなる瞬間があります。そんな時は本人以上に私が喜んでしまいます。

さあ、次回は12月20日。朗読劇の練習を続けます。朗読劇は12月27日です。

カテゴリー: 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会 |

ビジネスシーンでの電話コミュニケーション

前回に引き続いて、電話応対集中講義です。講義といっても、実践で即役立つ練習です。まず、電話を取るとき緊張するその必要以上のドキドキを軽減することが第一の関門。受話器をとった時、考えずにスムーズに第一声を出すためには、残韻させることが重要だと繰り返し伝えてきました。今日は、第一声の定型文「はい。○○でございます」「いつもお世話になっております」この2文を使って滑舌練習を行いました。最初は、一語一語口の形を確認することによって、明瞭さを獲得します。次に、語のかたまりによる意味理解を経ての発声、最後に、流暢に話すため語のかたまりを分解します。たとえば、助詞と次に続く名詞の第一音を繋げたり、語尾を無声化したりするのです。それによって、話し言葉として明瞭で滑らかに発音できるわけです。この2文を繰り返し発音することによって残韻させます。発声に自信がつけば、過度の緊張をせず、受話器をとれば、自然と口からついて出てくるようになるでしょう。この練習は全体で行いました。どうですか?と尋ねると、みなさん、うなずいてましたので、次に、2人ひと組になって、電話をかける人、受ける人でここまでのやりとりを行ってもらいました。みなさん、プリントを必死に読みながらなかなか綺麗な発音です。そこで、今度は、プリントを伏せてもらいました。読まないで今のやりとりを行ってみましょう、と提案すると、不安そうな表情です。ぜったい大丈夫ですよ。みなさん、プリントを読むよりずっと上手にできますよ、と励ましました。それでも、不安そうでしたので、全員で一緒に行うことにしました。電話の着信音。「はい。○○でございます」「○○の××と申します。いつもお世話になっております」。1回目は私に続いて小さな声でしたが、もう一度行うと、残韻の成果と滑舌の自信もあり、しっかりした応答。3回目は感情も乗ってきました。短時間ですばらしいです。復唱は、電話応対の練習に有効だと改めて思いました。聴覚情報処理の精度を高めるために繰り返して行っていきたいと思います。

12月27日に行う朗読発表会の練習も始まりました。今日は、配役とパートを決めました。発表会に向けて私も音楽の準備に取りかかろうと思いました。

次回は、11月29日です。

カテゴリー: 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会 |

電話を克服するには

電話の応対は本当に難しいですね。耳から入ってくる音だけの情報ですから、全神経を集中させなければなりません。音の配列を文字と照合して、さらに、意味に変換という作業を瞬時に行うのですから高度な情報処理です。さらに、今度は、相手に返事をしなければなりません。問いかけに対しての答えを用意する作業は難儀なことです。的確な答えをするための言葉を選択し、音韻とマッチングして、言葉を相手に伝わるように発します。通話を開始してから終了するまでたいへんな労力を伴います。電話の練習をしたいという希望は、就業中のひとや就業を目指しているひとから多く、カリキュラムを組んでみました。電話の応対は、多くは定型で対応できるので、音の刷り込みが大事です。名前を名のる。挨拶をする。話したい相手の所在を確認する。在席の場合は変わる。不在の場合は、その後の対応を聞く。流れはだいたいこのような感じですね。徹底的に使う言葉を残韻させることで、ルーティンになれば、緊張していても言葉が自然に出てきます。つまり、変わる部分だけ、名前や日時や場所など変わる箇所だけ、メモできる体制を整えることができればしめたものなのです。今日は、3人の登場人物を名前を記入して、電話をかけるひと、受けるひと、交互に発声する練習を行いました。言い回しがまどろっこしく、言いよどんだり、発音に角がなかったり、早すぎて何を言っているのかわからなかったりしていますが、これには繰り返しが必要です。また、電話は、思った以上にゆっくり話した方が、丁寧で相手にもはっきり伝わります。そこで、ひとつひとつの語のかたまりを区切って記しをつけ、そこで一呼吸おいて話す練習をしました。まだ、読むことに必死で、実際の会話にはなっていませんが、まずは、しっかり決まった言い回しを情報処理ボックスにとどめることが先決です。はっきりときれいな発音を手に入れ、自信がつけば、極度の緊張も緩和されるでしょう。今は、難しいと感じるかもしれませんが、定型文を見なくても受け答えができるゴールを目指していきましょう。

次回は11月15日です。

カテゴリー: 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会 |

みなさんの言葉は宝もの

失語症のひとが「もう一度仕事をしたい」と言った時、2つの意味があります。ひとつは「仕事に戻りたい」。これは復職ですね。もうひとつは、「仕事に就きたい」。これは就職です。今日、フリートークで近況報告をしてもらった時、焦っているんですと話してくれた方がいました。なにかしなきゃと思ってもなにができるのか考えつかないし、前はこんなんじゃなかった、もっと動けたのに動く気が起きない、でも、仕事をしなければ、と焦ってばかりいる。そう言葉を振り絞って伝えてくれました。復職できた方は、以前と同じようには働けなくて最初は大丈夫なように装っていたけれど、しまいに疲れてしまい、出来ないことが分かってもいいやと開き直ったら、周囲も遠慮せずに「今日はろれつがまわってるね」などと声をかけてくれるようになった。オープンにして気が楽になったと話してくれました。復職できた方の悩みと就職の悩みは全く違いますが、日々葛藤していることは同じなんですね。家族との関係性を話してくれた方もいました。以前と同じように子どもが接してくれない、または、自分自身が接することができなくなってしまった。ご自分の子育ての経験をアドバイスしてくれた方も。思い悩むのはあたりまえ、たくさん悩めるだけ悩めばいい。失語症の苦しみは他の人にはぜったいわからないと思うけれど、それでも、たくさんのひとに話をしよう。自分の思いを伝えよう。その時返ってきた言葉に気づかされることや、違って視点で物事が見えるきっかけになることも。懸命に伝えてくれました。

たくさんの悩みを抱えて教室に足を運ぶみなさんは一歩を踏み出しています。自分の言葉でこれだけのことを伝えることができる。たくさん泣きましょう。一緒に笑いましょう。みなさんの言葉は宝ものです。

カテゴリー: 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会 |