鏡をつかって口の形を確認!

広尾教室は鏡があるので、口の動きを目で確認をしながら発声練習することができます。今まで言葉で伝えた「縦に開ける」「横にひっぱる」「とんがらかせる」を、実際に私の口と同じように動かすことで、練習がより確実に身になっていきます。自分では縦にあけているつもりでも横に平べったかったり、ぜんぜんとんがっていなかったりが、はっきり目でわかるのです。上手にできる必要はないのですが、指令を正確に実行に移すなによりの近道であることが改めてわかりました。よかった〜!

名刺交換を行いました。まず自分の名刺を作ります。二人ひと組になって名刺の交換をします。その時、自分の名前をはっきり名のること、自分を知ってもらう話をすること、または、相手に対して質問をすること。実は、そういった指示を出していなかったのですが、名前を名のって名刺を交換した後、自然に会話が進んでいることに驚きました。インタビューを常日頃行っているせいか、相手に興味を持って、1質問1答えができていることに感心しました。そこに名刺というアイテムが加わることで、また、オフィシャルな雰囲気になります。言葉が出てこない時には、ホワイトボードで文字を動員しながら懸命に伝えていました。伝えようとする意志こそコミュニケーションの基本。伝わった時には喜びもひとしおです。「あ〜、なかなか言葉が出てこない・・・」と少し落ち込むひともいるのですが、できないことを数えるより、できたことを数えて、前に進んでいくことが大事です。一緒に進んでいきましょう!

次回は3月28日です。

カテゴリー: 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です