年始めのボイトレは「カルタ」

IMG_3170

2017年最初の言語ボイストレーニング教室は、毎年恒例のカルタを行いました。新規受講者も含めて10名でのカルタは読み手を順番に交代で行い、あとは枚数を競います。裏返しになっているカードを一枚一枚いきなり引いて読む作業はまさに即読で、文字を認識してみなさんにわかるようなはっきりとした声に出して読むという、なかなか高度な練習です。自分だけで音読するのですら負荷はかなりかかるのに、そこに、滑舌を意識するわけですから脳はフル稼働です。カルタをとる方も、耳で情報を聞き取り、音情報と文字とのマッチングを行い、視覚サーチの末カードを手に取る運動機能まで。こちらも脳はフル稼働です。みなさん、真剣な表情。滑舌があまい時には私が読み上げのサポートに入りました。終わった後、どうでしたか?と尋ねると、全員「おもしろかった」という声。そして、「また、やりたい」と口々に言うので驚きました。脳への負荷はかなり高いのですが、遊びを通して音読からカードを見つける作業までできるので、楽しく行えることが一番よかったのではないかと思いました。ちなみに、カルタは「江戸いろはカルタ」。「犬も歩けば棒にあたる」とか「花より団子」など馴染みのフレーズとカルタの絵を合わせるのも、取っつきやすかったのではないでしょうか。みなさんのリクエストにこたえて次回も行うことにしました。

荻窪教室、次回は1月31日です。

カテゴリー: 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です