目的に沿ったチーム編成

今日は、それぞれの目的に沿ったカリキュラムをチーム編成で行いました。トーク、呼吸体操、あいうえお体操、滑舌体操までは全員で行い、この後は会話チーム、発声チーム、滑舌チームに分かれました。会話チームはビジネス会話2チーム、日常会話1チーム。ルールは必ず会話のキャッチボールをすること。短い言葉で話すこと。そして、最も大切なのは、会話を楽しむこと。終わってから感想を聞いてみると、「結論は導き出せなかった」「中身が散漫だった」「う〜ん・・」と言いながらも、みなさん笑顔。楽しかったですか?と尋ねると一様にうなずいていました。会話楽しむことはなによりも大切です。そこから会話は育っていきます。アプローチの方法はたくさんあるので続けていきましょう。

発声チームは大声発声練習をさまざまなシチュエーションで行いました。呼吸体操がしっかりできているので声帯を痛めることなくはっきりとした呼びかけができていました。

滑舌チームは、サ行の改善を行いました。ストローを使って舌の位置の確認、鏡による目視、音による認識、たった数分で「わかった!」と自分で気づくことができました。

笑顔の共有ができた時間でした。

次回は6月21日です。

カテゴリー: 失語症のある方のための言語ボイストレーニング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です