声の波動が感動を呼び起こす生の朗読

 

「すばらしい!」

「ほんとうに感動しました!」

その言葉を聞くたびに、ああ、よかった。

心から、そう・・・・思うのです。

 

KANOUYA_BASEでの「朗読の世界」。

鎌倉時代の神社を奉る竹林が舞台。

美しい野鳥の囀り。

吹き抜ける風。

そよぐ葉。

葉音。

この舞台で、朗読をする時、

私の声は、私であり私でないのです。

私は、声をつうじて、

その時代の、そのひとになります。

だから、朗読が終わった時、一瞬、放心状態のようになります。

魂が、ここに戻ってくるような感じです。

竹取物語では、平安の時に。

古事記では、神代の時に。

そして、

北欧にも。

アラビアにも。

唐の時にも。

子どもの時にも。

私の声の波動が、聴いているひとに届くから

みなさんが、今まで経験したことのない時空間を

感動としてとらえてくれるのでしょう。

この舞台で、生の声で朗読することが

私のたまわったことなのでしょう。

聴いてくださったみなさんの心が

時に涙で、透明な清らかな気でみたされるなら

ほんとうにこんなうれしいことはないのです。

 

 

 

カテゴリー: 朗読   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です