ひとりひとりの歩いてきた道を朗読

ひとりひとりに生きてきた道があります。

どんな道も平坦ではなかったはず。

石がゴロゴロころがっていたり、とんでもない上り坂に出くわしたり、ある時には、大きな穴が開いていて気づかずに落ちてしまい、出られなくてもがいたり、道が二手に分かれていてどっちに行っていいか迷ったり、こっちが正しいと思って進んだ道が、行き止まりになっていたり・・・。

いろいろな道を歩いて、今、ここにいます。

私は、そんな道の途中で出会ったひとたちのお話を聴くと、心があふれます。

ある時は、土砂降りの雨に打たれながら、泥だらけになりながら、カンカンの日照りにフラフラになりながら、

それでも、こうやって歩いてきたこと。

汗と土埃でまっくろな顔。悔し涙と鼻水でぐしゃぐしゃな顔。

かっこよくないけど、私にはいちばんかっこいい!

そう言って、一緒に歩いてきてくれたひと。

困ってどうにもならないとき、助けてくれたひと。

ひとりの時も、ひとりじゃなかった。

だから、歩いてこれたんだ。

 

その言葉は宝ものだった。

私は、ありがとうを伝えたかった。

私もまだまだがんばらなきゃ。

そんな勇気をくれたことに。

 

なにができるかな・・・。そうだ!

聴かせてくれたお話を、朗読してプレゼントすることにしました。

 

聴き終わると、鼻をすすりながら

「ありがとう・・・」

そう言ってくれた。

やだ、私も泣いちゃう・・・。

 

私にできること。

私に、もう一度生きる力をくれた朗読。

ひとりひとりのお話を朗読しよう。

これからの私の道を歩いていこう。

 

カテゴリー: 朗読, 話し方パーソナルトレーニング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です