新春カルタで発声トレーニング

1月は毎年カルタを行います。マンツーマントレーニングなので、読み手をお願いし私が絵札をとります。ルールは2つだけ。裏返しの読み札をひいてすぐに読むこと。5メートルほど離れたところにいる私にはっきり聞こえる声量で読むこと。私がひくと、もう一度正しい読みを行います。それをリピートする。この繰り返しで行いました。多数で行うのも楽しいのですが、マンツーの場合は、速読と発声と滑舌を一緒にトレーニングできます。私の滑舌がお手本になるので、耳で聞いてマネするだけで正しい発音へ近づけます。正面で向き合って行うことにより、口唇の形もまねできるので「いいですね」が多いです。

 

カテゴリー: 働き世代の失語症, 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です