歌を歌うとこんなにはっきりした発声になる!

「今度合唱で舞台に上がるんです」。それは楽しみですね、と私。何を歌うのですか?と聞くと「4曲歌います」とのこと。4曲ともよく知ってる曲なので、歌詞も口ずさんで出てくるはず。きっと気持ちよく歌えるでしょう。少し不安そうでしたので、一番不安な楽曲を歌ってもらいました。その曲は、音程の高低差が一音一音であり、随所にことばの意味とは違ったところにアクセントがありました。確かに一本調子になりがちで、難易度が少し高いのでした。そこで、目で見てわかるイントネーションのラインを引きました。さらに、まどろっこしいという言い回しを同じ1音の口唇を形をすべて記号で印をつけました。そのラインと記号だけを見て歌ってもらいました。すると、見違えるほど音程も歌詞も安定したのです。とてもいいですね❗うれしくなって私も拍手。Fさんもうれしそうでした!家で練習できるように、他の箇所もラインと記号を書き入れました。これで大丈夫!自信をもって、本番、がんばってくださいね!

カテゴリー: 働き世代の失語症, 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 未分類, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 言語ボイストレーニング里山教室, 話し方パーソナルトレーニング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です