2文節会話トレーニング

無事展示会を終えて、ほっとした表情のYさん。2週間前までは、2文節ぐらいで展示会の内容を説明できるように会話トレーニングを積み上げてきました。半年ぐらいコツコツ続けてきた成果が確実に表れたように思います。自信もついたのか、ご自分から話を切り出すことも多くなってきました。残念ながら展示会に私は行けませんでしたが、今日の笑顔と報告を聞いて大成功だったことがわかりました。よかった!

今日から、少しハードルをあげた会話トレーニングに入りました。情報を共有しているひと同士の会話ではなく、一方が持っている情報を、相手に提供する会話です。これには、基本の2文節会話トレーニングが重要なのは言うまでもありません。自分しか知らないことを説明することは、ヘルプワードが減るため難易度も上がります。でも、正確に伝わった時の喜びもひとしおです。また、少しずつ、積み上げていきましょう!

 

カテゴリー: 働き世代の失語症, 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 言語ボイストレーニング里山教室, 話し方パーソナルトレーニング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です