宇都宮西ロータリークラブで卓話

いいですね〜!こんな若者と出会えた‼️
宇都宮西ロータリークラブの例会で卓話をさせていただいたんです。少しでも「失語症」を知っていただきたくて、いつもの90分を25分に短縮して壇上に立たせていただきました。
私の話を聴いた直後、このバッジをたくさんつけた若者がこう言ったんです。
「僕が最初、フランスに留学したばかりの頃、まったく言葉がわからなくて、伝えたいことはたくさんあるのに、もっと知りたいのに、もどかしかった。それって、失語症と似ているなって」
あ〜なんてうれしい!あんなに駆け足で話したのに、ちゃんと伝わった。
たいへんな思いの共有は、まさに同士‼️
相手をわかろうとすることこそ、まさに、今日のタイトル、心のバリアフリー。
もうひとり、失語症のある方がおとうさまと一緒に参加されていて、私の話を聴いて今度、言語ボイストレーニング里山教室に来ることになりました。
ほんとうに、小さな力だけれど、私にできることは、伝えること。伝え続けるぞ〜\(^O^)/
お声がけいただいた黒須先生、やるmanヘビーリスナーのみなさんともお会いできて、とてもうれしいひとときでした😊ありがとうございました❤️

カテゴリー: ソートフルコミュニケーション講座, 働き世代の失語症, 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 言語ボイストレーニング里山教室   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です