ビジネス話し方講座〜好印象をもたれる話し方4「自分の声を録音して聞いてみよう」

あなたは自分の声を録音して聞いたことがありますか?

聞いたことがあれば、その時どのように感じましたか? 変な感じがしませんでしたか?

「えっ、これが自分の声? 何か違う」

何か、とは、何が違うのでしょう。自分が知っている自分の声、認識している声と違う、と感じるのではありませんか?

耳から入ってくる音は、鼓膜までの外耳、耳小骨のある中耳を経由して内じに到達します。これが気導音です。

また、そのほかに声帯の振動が軟組織から頭蓋骨を伝わり直接内耳を刺激する音が

あります。これが骨導音です。骨導音は本人にしか認識されない音です。

わたしたちは通常、自分の声をどのように聞いているのかというと、耳から聞こえ

る気導音と骨伝導による骨導音の2つの音を同時に聞いていることになります。

録音された声を聞く時は、自分がいつも聞いている声を聞くわけではなく、スピー

カーからの音を聞いています。つまり、気導音だけを聞いているのです。

ですから、普段、聞こえている自分の声と録音された自分の声が違って聞こえるの

は当然のことなのです。

周囲の人間が自分の声をどう聞いているのかというと、あなたが録音した声を聞く

のと同じように気導音で聞いていることになります。

もし、まだ録音した声を聞いたことがない人は一度自分の声を録音して聞いてみ

ましょう。違和感を感じると思いますが、それが、自分以外の人が聞いているあなた

の声です。

さあ、それでは自分の声を録音してみましょう。最近は、スマートフォンなどで録音できますから、今すぐにできるでしょう。簡単な文章でもいいですし、だれかに話しかけてもかまいません。録音したら、それを再生して聞いてみてください。

あなたの声はどんな声でしたか?また、どんな話し方でしたか?

「けっこう早口だな」「『えっと』が口癖だ!」「ボソボソしてるな」「軽率なイメージ」・・・etc

まずは、自分の声や話し方を客観的に知ること!

そして、もっとこうしたら・・・。その「こう」なりたいを書いてください。

それがあなたの目標です。

カテゴリー: ビジネス話し方講座〜好印象をもたれる話し方   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です