できたことを数えよう!

「そのスィーツの映像は浮かんでいるのに」「どこのお店で売っているのかも知っているのに」「ほどよい甘さと上品な味わいを伝えたいのに」ティラミスという名前が出てこない。

「ほら、イタリアのデザートで、」「大ブームになって、」「茶色くて、」「やわらくって、」「プリンみたいだけど、ちょっと違うけど、」「甘くって、」と、浮かんでいるイメージと保持されてる言葉を紡いでいく。

すると、「ティラミスのこと?」「そうそう!それそれ!」。

ここで、「あ〜だめだわ、どうして言葉が出てこないんだろう・・・」と落ち込んでしまうひとと、「よかった〜!」と喜ぶひとに分かれます。

伝わったこと、それはコミュニケーションの成立です。

英会話の習得に似ていますね。知っているボキャブラリーを並べて伝えようとする作業。

伝わった時、お互いに笑顔になりますね。

成功の積み重ね。

「できたことを数える」

その習慣をつけると、あなたの人生は豊かになります。

 

 

 

 

 

カテゴリー: ソートフルコミュニケーション講座, 働き世代の失語症, 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 失語症農園プロジェクト, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 言語ボイストレーニング里山教室, 農ライフ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です