たしかな手応え

毎回私も試行錯誤なのですが、今日は確かな手応えを感じることができました。今まで自分仕様のテキストを作ってまでがんばってこられたKさん。見せてくれたファイルの厚みに頭が下がる思いで、Kさんの笑顔の奥の「なんとかして打破したい」強い意志が伝わってきます。「ぜんぜんだめなんです」の「ぜんぜん」とは具体的にどうなのか、Kさんの言葉の真髄にダイブし絡まった糸をほぐすように、シンプルに一から概念を組み立て直すことにしたのです。するとどうでしょう。え?こんなに早く?と驚きを隠せないほど数字は意味のあるものになっていきました。安定するまではあせらず繰り返し、自信をつけさせてあげたいと思います。笑顔がほんものになるように。

 

カテゴリー: 働き世代の失語症, 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 話し方パーソナルトレーニング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です