言葉の持つ大きな力

「そこは難しいからあきらめて」「ここまでできればいいんじゃないですか?」。かけられた言葉に傷ついたり、怒りが湧き起こったり。「最初は私の気持ちが何にもわかってない。そこを何とかしたいからがんばりたいのにって。でも、そう伝えたいのにどう言っていいかわからなくて、どうせわからないんだからもういいやって。『ああそうですか』ってだけ言うんです」。少し笑いながら話してくれました。そして、「でも、やっぱりもう無理なんですかね・・・」。悲しそうに目を伏せました。話を聞きながら私は自分の体験を思い出していました。同じように質問したっけ。「どうですかねえ・・・」と言われてポロポロ涙をこぼしたこと。「この方法でやってみては?」と言われてめっちゃやる気になったこと。言葉って難しい。同時に、大きな力を持っている。可能性の限界を自分以外のひとに決定されたくないと思う気持ち。とても大切にしてほしいと思います。このやり方で「できる」「できた」「うれしい」。その体験を積み重ねていってほしい。あの時、「これはどうでしょう?」と私の背中をいつもそっと押してくれた先生。私もそうありたい。そこに寄り添うひとになりたい。

カテゴリー: 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 言語ボイストレーニング里山教室, 話し方パーソナルトレーニング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です