言語ボイストレーニング里山教室スタート!

いよいよ言語ボイストレーニング里山教室がスタートしました。昨夜の雪が降り積もり、一面雪景色の中東京からやってきたWさん。一日プログラムに参加しました。今日は、里山散策の時間を縮小し、竹林に囲まれた室内での会話にたっぷりの時間を作りました。Wさんが何に一番困り何のストレスを軽減したいのか、改めてまずじっくりお話を伺い、トレーニング計画を立てることから始めました。一番困っていることは数字でした。数字の概念はわかっているのに、概念と音、概念と字としての数が結びつかない。そのため日常生活がストレスに満ちたものになっているというものでした。私は今まで伺ってきた話から仕事上のストレスを軽減することに重きを置いてきましたが、今日、この自然の中のゆったりした空間で「ここ癒されますね」と言いながらWさんが話してくれた本心は胸をつくものでした。それは、当時の私も悔しくてやりきれなくて、情けなくて、どこにもぶつけようのない思いでした。今までWさんが半ばあきらめていた数字の克服。自信を取り戻すためのトレーニングプログラムを組み立てました。お昼は畑の野菜を使った農家飯。そしてトレーニング再開。16時まで楽しく、そして、真剣に取り組みました。家でのトレーニング方法をしっかり教えて本日の一日プログラム終了。Wさん、おつかれさまでした!私も里山教室の手応えをしっかり感じた一日でした!!

 

カテゴリー: ソートフルコミュニケーション講座, 失語症とは, 失語症のある方のための言語ボイストレーニング, 脳梗塞患者と失語症者の自立支援の会, 言語ボイストレーニング里山教室, 話し方パーソナルトレーニング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です