雨の日に外出する時、こんな解決策が!

今日は一日雨でした。台風5号の影響もあってか時折風も強く、このような天候の時外出することは片麻痺等の後遺症のある方にとってなかなか大変なことです。そこで、グループディスカッションのテーマは「雨の日の外出について」にしました。ファシリテーターの名乗りを上げてくれた方は、まだ雨の日に公共交通での移動をしたことがないと少し心配していましたが、逆に他の方の意見を取りまとめる役だから大丈夫ですよ、と言うと安心して質問を開始しました。雨の日みなさんさまざまな苦労から工夫をしていることがわかりました。

・少し濡れるぐらいなら傘をささずレインコートを羽織る・レインコートは季節に応じて使い分ける・ワンタッチで開く傘が便利。ただし、たたむのは一苦労・軽量の折りたたみ傘をいつもバッグに入れている・機能性傘専門店が自由が丘にある・リュックは背中にポケットがあると便利・傘と杖を両方持つのは一苦労なのでレインコートがやはり便利・バッグも服もすべて防水がよい・はっきりと障害者だとわかるように外出する時は杖をできるだけ持った方がよい 。混雑した電車やバスで周囲のひとにわかってもらった方が安全確保のためによいetc

そんな中で、濡れたレインコートが混雑した電車の中では周りのひとに迷惑がかかるのではという意見が出されました。その解決策として、・乗車する前にタオルで拭く・乗車する前にレインコートを脱いでバッグにしまい、下車したらその時また羽織る・混雑した電車には乗らない という意見が出ていました。ビニール袋をいつもバッグの中に入れておくと便利という意見も。濡れたレインコートや折りたたみ傘を入れておくのによいそうです。

最後にまとめとして、①雨の日外出しなければならない時工夫が必要②仕事等でどうしてもラッシュ時に電車に乗らなければならない時努力が必要という2点を総括してディスカッション終了。

さまざまな意見はみなさんの経験から出た真の言葉です。たいへん説得力があり、たくさんの苦労の中から明るくアイディアを生み出すことに強さを感じました。そこには自分のことだけでなく、周囲のひとへの配慮もある。すばらしいディスカッションでした。生きるということ。お互いさまなんです。私達はみんななにかしらの迷惑をかけながら生きていくんですね。だから、ありがとうの気持ちを忘れずに。私も、すばらしい意見をたくさん聞かせてくれたみなさんに、ありがとう。

 

#Aphasia #Cerebralinfarction #languageVoicetrainer #WorldStrokeOrganization #ischaemicstroke #National Aphasia Association #Aphasia Recovery Connection #失語症 #脳梗塞 #言語ボイストレーニング #Communication #Healthcommunication #失語症になった私から医療の現場で働くみなさんへ38のメッセージ医療現場でのコミュニケーション

カテゴリー: 失語症のある方のための言語ボイストレーニング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です