たった一音で「おいしい!」を伝えることができるんです。

「おいしいの?おいしくないの?だまって食べてちゃわからないわ」

「だまって食べてるのはおいしいからさ」

「ばっかじゃないの!?言葉で言ってくれなきゃわからないの!」

よく聞く夫婦の会話。ですが・・・違うんです。「おいしい」とはっきりした言葉で言えなくても、たった一音で「おいしい」を伝えることができるんです。それには、鏡を用いて口唇の形を確認すること。そのことで、まず一音をはっきり発音するトレーニングができます。また、トーンのような非言語的要素、表情のような側言語的要素も重要です。一本調子になりがちな話し方の改善にもつながります。今日は、一音で行う滑舌トレーニングをしました。うれしい時の「あ」、驚いた時の「あ」、怒った時の「あ」、悲しい時の「あ」。みなさん、それぞれのシーンを思い浮かべながら、「あ」で表現していました。一音でもちゃんと伝えることができるんです。「おいしい」を伝えてみてください。

#Aphasia #Cerebralinfarction #languageVoicetrainer #WorldStrokeOrganization #ischaemicstroke #失語症 #脳梗塞 #言語ボイストレーニング #Communication #Healthcommunication #失語症になった私から医療の現場で働くみなさんへ38のメッセージ医療現場でのコミュニケーション

カテゴリー: 失語症者のための言語ボイストレーニング教室   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です